12月6日はフィンランド建国の日、丁度100周年だそうです。 _

今回私たちの楽団で取り上げるフィンランドの著名な作曲家シベリウスの交響曲第2番は  シベリウスを生んだフィンランドの大自然(針葉樹の森、厳冬の凍てつく寒さ、澄みきった空気等)や作曲当時の感情(苦悩、悲しみ、怒りと叫び、不安等)が随所に表れています。

_フィンランドとシベリウス


演奏会に向けて、正に今、一生懸命楽曲に取り組んでいます。
当団が初めて取り組むシベリウスのシンフォニー、
あとひと月 シベリウスがこの曲に込めたエネルギーや想いを表現出来るように頑張ります。

12月8日はシベリウス生誕の日(1865/12/8)、作曲者に思いを馳せてみました。

 

団長:長谷川克己

 



Author:
Time:
木曜日, 12月 7th, 2017 at 11:00
Category:
未分類
Comments:
You can leave a response, or trackback from your own site.
RSS:
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
Navigation:

Comments are closed.

Translate »