2009年9月1日は横浜金沢交響楽団(金沢シンフォニカ)創団の日です、俗に言う誕生日です。 昨年の11月3日にみなとみらい大ホールで、楽団10周年記念演奏会を開催し、ベートーヴェンの第九演奏したのを 鮮明に覚えています、あの日からもう直ぐ1年経とうとしているのですね!

10周年記念定演(横浜みなとみらい)       第10回定演(鎌倉芸術館)   
金沢公会堂こけら落とし祝祭コンサート

今年は年初から新型コロナ騒動でオケ活動もままならずにここまで過ぎてしまいましたが、何が起きても 時は過ぎてしまい、金沢シンフォニカも誕生日を迎え満11歳になりました。 人生で言えばまだ小学生ですが、5年生という上級生の仲間入りなので、みんなのお手本になるように心がけたいと思います。

 

新型コロナ騒ぎもまだ収まっていませんが、なんとか練習活動も出来ているので今後の活動に繋げて行きたいと思っています。

 

10代から70代まで幅広い年齢層で良い音楽作りを目指して、次回の演奏会(何時になるのか?)に向けて邁進しております。

団長:長谷川克己

12
8月

チャイコの弦セレ

12:00

 コロナ禍の今シーズンは会場の人数制限を逆手に取ってのセクション毎の曲に取り組んでおります。

弦楽器はチャイコフスキーの弦楽セレナーデを練習中。

間隔を開けての弦楽器の練習風景

メンバー同士の配置の距離も有るので自身の音が以前の時より良く聞こえるし、周りの音は聴こえにくく絶好のアンサンブル力強化の環境です。

色々なことに気付かされつつ、それでも楽しみながら、やり甲斐を感じながら暑さにも負けず、コロナにも負けず邁進しております。

ヴィオラ・コントラバス奏者を募集中です。左下「楽団宛のメール」見学フォームからお気軽にお問い合わせください。

団長:長谷川克己

Translate »